ペニス増大・亀頭増大・手術ではない長茎術・早漏・勃起不全・中折れ・男性機能改善・回復

プライバシーポリシー

|完全予約制・年中無休・24時間対応 03-3355-5444

03-3355-5444 予約状況確認web予約メールで相談

過激な自慰で男性膣不感症に?を追加致しました。

過激な自慰で男性膣不感症に?

自分の手や指ではすぐに射精できるのに、性交ではまったく射精できない男性が増えています。

一般には「膣内射精障害」と言いますが、私はあえて「男性膣不感症」という名前で呼んでいます。文字通り「男性が膣では感じられない症状」だからです。ひたすら懸命に腰を振っても射精に至らないので疲れてしまい、途中で萎えたりもします。こうなると、EDとの合併症です。

男性膣不感症(膣内射精障害)の原因で多いのは、誤った自慰の習慣です。陰茎を畳にこすり付けたり、必要以上に強く握りしめたりする過激な方法は、柔らかでデリケートな膣で行う実際の性交にはなじみません。

激しい自慰を続けると、膣ならではの独特の刺激を感じにくくなります。また、膣のような閉ざされたところに射精できなくなったりすることもあります。

対策と治療を一まとめに言えば、過激な自慰による射精を一切行わないことですが、これはけっこう難しいでしょう。ではどうするか。簡単なことですが、ゆっくりと弱い刺激で射精できるように方法を改めることです。

自慰の“材料”を過剰なバーチャルコンテンツから、イメージトレーニングにも役立つ官能小説に切り替えてみるのも一法かも。なお、過激な自慰を原因とする男性膣不感症で性交中に中折れするような場合にもED治療薬は効果的です。

link

2022年8月10日まで

¥18,000〜
詳しくは ▶

link link
新宿御苑前院
過去12年間で2,800人以上のお客様に自信勇気を与えてきました
新橋院
着々準備中
モバイル表示に戻る