ペニス増大・亀頭増大・手術ではない長茎術・早漏・勃起不全・中折れ・男性機能改善・回復

プライバシーポリシー

|完全予約制・年中無休・24時間対応 03-3355-5444

03-3355-5444 予約状況確認web予約メールで相談

朝や睡眠時の男性特有の生理現象がなぜ起こるのかを医師解説を追加致しました。

朝や睡眠時の男性特有の生理現象がなぜ起こるのかを医師解説

 男性の体のナゾといえば、朝立ちや夢精だろう。一体どんなシステムで発生するのだろうか?

「人間は浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を一定のサイクルで繰り返しています。レム睡眠時には、副交感神経が働いていますので、勃起しやすい状態になっている。さらにこのとき、亀頭、陰茎が下着にこすれるなどの刺激によって、背骨の仙髄にある勃起中枢が刺激され勃起が生じます。その回数は睡眠中、複数回に及びます。レム睡眠時に目覚め、勃起状態が維持されているのが朝立ちです。

 レム睡眠時の勃起状態の時に、性的興奮を覚える夢を見て射精してしまうのが夢精です」

 朝立ちや夢精は年齢に関係なく起きるものだという。

※女性セブン2014年8月14日号

link

2022年8月10日まで

¥18,000〜
詳しくは ▶

link link
新宿御苑前院
過去12年間で2,800人以上のお客様に自信勇気を与えてきました
新橋院
着々準備中
モバイル表示に戻る