ペニス増大・亀頭増大・手術ではない長茎術・早漏・勃起不全・中折れ・男性機能改善・回復

プライバシーポリシー

|完全予約制・年中無休・24時間対応 03-3355-5444

03-3355-5444 予約状況確認web予約メールで相談

オナホール等の多用者 女性の膣をゆるく感じ射精できぬ恐れを追加致しました。

オナホール等の多用者 女性の膣をゆるく感じ射精できぬ恐れ

  近年は「TENGA」を代表とするアダルトグッズの進歩により、容易く快感を得る方法が確立されつつある。しかし、浜松町第一クリニック(泌尿器科)の竹越昭彦院長によれば、最近ではオナニーグッズが原因で射精障害を引き起こすケースも増加中だという。

「ペニスの質量はせいぜい150g程度ですが、女性の膣は3000gの赤ちゃんが出てくるところで伸縮性がある。また、膣の奥には括約筋がないので締まりがない。

締めつけの強いオナホール、電気が流れるタイプなど、様々なオナニーグッズが売られていますが、こうしたグッズを使って亀頭に過激な刺激を与えて射精しているような人は、女性の膣では緩く感じて射精できなくなってしまう」

 射精障害の治療には時間を要する。「シーツにこすりつける」「強く握りすぎ」など、オナニーの仕方が原因の場合は、まずは自分の手を使い、グリップを緩めてオナニーをするところから始めるという。あべメンタルクリニック(心療内科)の阿部輝夫院長は自らが考案したコンドームを使った改善法を紹介してくれた。

「潤滑油を内側につけたコンドームをペニスに被せて刺激する“コンドーム・マス”という方法です。コンドームのなかが膣内のヌルヌルした状態に似てきます。その状態で、やわらかいグリップで、ピストン運動の時と同じような動きで刺激を与えて射精に導きます」

 射精障害に特効薬はない。日々の訓練によって習慣を少しずつ変える必要がある。

※週刊ポスト2012年12月14日号

link

2022年3月10日まで

¥18,000〜
詳しくは ▶

link link
新宿御苑前院
過去12年間で2,800人以上のお客様に自信勇気を与えてきました
新橋院
着々準備中
モバイル表示に戻る