ペニス増大・亀頭増大・手術ではない長茎術・早漏・勃起不全・中折れ・男性機能改善・回復

プライバシーポリシー

|完全予約制・年中無休・24時間対応 03-3355-5444

03-3355-5444 予約状況確認web予約メールで相談

日本の「四十八手」 起源は古代中国「性交体位」三十法を追加致しました。

日本の「四十八手」 起源は古代中国「性交体位」三十法

古代中国の閨房術では数多くの体位も考案された。随代に刊行された『洞玄子』では「三十法」を掲載しており、これらが日本に渡って「四十八手」の原型となったと考えられている。

 30の体位はすべて伝説上の聖獣、実在の動物や鳥などの名を冠してある。

例えば「翡翠交」(ひすいこう:身をくねらせる龍)、「山羊対樹」(さんようたいじゅ:樹に突きかかる山羊)、「白虎騰」(びゃっことう:跳ねる白虎)といった具合だ。

 30の体位のうち、最初の4つはいわゆる挿入を伴うものではなく、前戯に用いる体位。続く26の体位のなかで特記すべきは、男女2人の体位のみならず、「鸞双舞」(らんそうぶ:女二人が仰向きと被さる形になり、男が上下の女陰に交互に挿入する)、「鳳将雛(ほうしょうすう:肥満の女は少年を男女の間に挟んで行なう)」と3Pプレーが紹介されていることだ。この交合を中国では「三人淫」という。

※週刊ポスト2011年5月27日号

link

2022年8月10日まで

¥18,000〜
詳しくは ▶

link link
新宿御苑前院
過去12年間で2,800人以上のお客様に自信勇気を与えてきました
新橋院
着々準備中
モバイル表示に戻る