ペニス増大・亀頭増大・手術ではない長茎術・早漏・勃起不全・中折れ・男性機能改善・回復

プライバシーポリシー

|完全予約制・年中無休・24時間対応 03-3355-5444

03-3355-5444 予約状況確認web予約メールで相談

男性性器の構造とはたらきを追加致しました。

男性性器の構造とはたらき

男性性器には睾丸(精巣)、副睾丸(精巣上体)、精管、射精管、前立腺、精嚢、尿道、陰茎、陰嚢があります。副睾丸は睾丸の上に帽子のようにのったひも状器官で、睾丸からの精子を送る管が複雑に屈曲して中を走っています。副睾丸は精管へとつながり、陰嚢から鼠径部を通り骨盤の中に入り、前立腺内を通過し、尿道の射精管へと精子は運ばれます。睾丸は精子をつくるほか、男性ホルモン(テストステロン)もつくり、副睾丸は睾丸でできた精子を育み成長させて精管へと送り出します。精子は精嚢で成熟し射精管から尿道へと射出されます。前立腺は性的興奮により充血し白い精嚢腺液を出し、精子の流れる川の水としての役目をし、精嚢腺液は子宮を収縮させるプロスタグランジンも含んでいます。 陰茎は陰茎体部と亀頭部からできています。陰茎体部は左右の陰茎海綿体とそのほぼ中央の尿道からできています。尿道周囲には尿道海綿体があり、これは亀頭海綿体とは血液の交通はありません。勃起するときは、陰茎海綿体と尿道海綿体は別々にふくらみます。持続勃起症のときは陰茎海綿体のみがふくらみ、縮まなくなります。小児では亀頭包皮が亀頭を包んでおり、花のつぼみのような状態になっています。 陰嚢は左右2個の睾丸を入れており、陰茎は排尿と性交の両方に必要です。尿道は尿と精液の通り道となりますが同時に出ることはありません。興奮時には精液が、ふつうのときは尿が流れます。その理由は、興奮時には膀胱の出口にある内尿道括約筋が締まり、膀胱から排尿できなくなるためです。これに対して、前立腺の出口のほうにあるのが外尿道括約筋で、これが傷害されると尿失禁となります。

link

2022年8月10日まで

¥18,000〜
詳しくは ▶

link link
新宿御苑前院
過去12年間で2,800人以上のお客様に自信勇気を与えてきました
新橋院
着々準備中
モバイル表示に戻る