ペニス増大・亀頭増大・手術ではない長茎術・早漏・勃起不全・中折れ・男性機能改善・回復

プライバシーポリシー

|完全予約制・年中無休・24時間対応 03-3355-5444

03-3355-5444 予約状況確認web予約メールで相談

生殖とセックスを追加致しました。

生殖とセックス

われわれ人間は何故?神聖な子孫を残すための生殖行為の最中にに、”快感”を感じてしまう のだろう。
科学的に生殖における快感は女性のオーガズムについては多少の意味があると言われているが男性のオー ガズムが生殖にどのような役割を果たしているのか謎だらけである。
想像だが進化の過程で発情期を失った人間が生 殖行為で何一つご褒美がもらえないとなると、種の保存に重大な支障をきたす状況から、備わった感覚と考えられ る。

現在の男と女の多くは愛し合い、求め合い、結局気持ちよくなるためのセックスに、人生の貴重な時間や金銭を消費 し、そのセックスを満足なものにするために様々な努力している。
例外的かもしれないが、生殖とは無関係の同性愛というマイノリティなセクシャリティで相互のコミニケーションを とる人間関係や相互のコミニケーションを放棄、乃至は嫌い、マスターベーション(絶対妊娠しない)でセックスを 自己完結する場合もある。

類人猿にも性器を利用したコミニケーション行動やマウンティングなどの行動が見られ、ボノボに至っては人間の雌 (女性)の恋愛手管の原型と思われる行動さえ見られる。また、性周期も他の類人猿に比べはるかに長いスパンで性 行為が頻繁に行われているが人間にはかなわない。人間に至っては発情という期間的問題は原則なくなっている。
正確には、動物における発情というものは生殖を行う本能と理解するかぎりにおい て、人間から発情(種の保存行動・本能)という生物学上の機能が喪失しているとも思える。
セクシャリティの歴史研究が社会学の1分野を構成する現在、人間のセックスと生殖は全く異なる目的の行為である とも考えられる。ややっこしいのは、異なる目的の行動であるにもかかわらず、その行動が非常に似ている点なの だ。未来志向の考え方をすると、将来人間は生殖のための性交をしなくなると、推測する学者まで存在する。(多く の生殖技術の進歩、妊婦体型の忌避、妊娠の忌避、男女の産み分け、DNAの選択など) セックスが性科学の範疇からセクシャリティという概念の台頭で、社会学、歴史学のカテゴリーで大いに発展してい ることも重視しなければならない。今後は人間のセックスを論ずるのは社会学者であり、バイオ・生命科学分野の問 題であり、今までのような、産婦人科医の独壇場は過去の話となるだろう。
生殖は科学者・医学者、セックスは社会学者という棲み分けが認知されつつある状況となっている。 またセックスが社会学上、歴史学上研究できる学問の対象であるということは、セックスが文化であることを示して いる。
人間にあっては、生殖とセックス(セクシャリティ))は別途の概念と考えるとき、 夫婦・家族という20世紀の人間社会の基本構造も何れ歴史に埋没する日が来ると考えるのも、理論的である。
21世紀中にその夫婦・家族という基本構造が消滅するとは考えにくいが、現在進行中の生殖の先進的技術やセック スレスなどの性現象、精子減少などの環境問題などが複合的に作用した時、人間は未知の生殖関係で種の保存を考 え、新たな人間関係で社会の基本構造を生み出す方向に半歩踏み出していくのではないのだろうか。

link

2022年9月10日まで

¥18,000〜
詳しくは ▶

link link
新宿御苑前院
過去12年間で2,800人以上のお客様に自信勇気を与えてきました
新橋院
着々準備中
モバイル表示に戻る