ペニス増大・亀頭増大・手術ではない長茎術・早漏・勃起不全・中折れ・男性機能改善・回復

プライバシーポリシー

|完全予約制・年中無休・24時間対応 03-3355-5444

03-3355-5444 予約状況確認web予約メールで相談

ファッションと性欲を追加致しました。

ファッションと性欲

最近フト気づいたことなのだが、子育て真っ最中の30代ママ連のファッションが、押し なべてパンツルック(ジーンズも含む)になっていることだ。
たしかに子育てに奮闘している女性にとってパン ツ(スラックス)ファッションの流行は棚からぼた餅である。
流行と実用性がまさに一致したのだから、言うこ となしの現象といえる。ママチャリで疾走するにも、子供の世話をするためにしゃがみ込むのも、気にせずにい られラクチンなのである。
トレンドファッションだけに、特にダンナが文句を言うこともない。

昔は、公園の砂場で子供を遊ばせている若妻の下着や太腿が垣間見える僥倖に出会い、奇妙に幸せな気分を味 わった男たちの楽しみは、ほとんどなくなった。
身近の彼女達に聞いてみると、家の中でも当然パンツルックを 通しているらしい。
30代夫の眼には、自分同様のズボン、ズボン、ズボンがあるだけになっているのかもしれない。夫は最近、妻 のナマ足を見る機会すら無くしたようだ。
精々、見せる下着だというパンティの上部がパンツから出ている程度 の景観に成り下がっている。エプロン姿の妻の後姿に欲情する夫の姿は、もう日本には見られないのだ。
気の毒 な話である。自分と違うものを見ることで視覚が刺激され、性欲中枢が勃起命令を出すことが多い男の性欲は、 少なくともファッションの次元ではスポイルされている可能性がある。
パンツファッションの流行とジェンダー フリーとの関係がどの程度のものなのか定かではないが、「求められる服装、女性らしい服装」から「気持のい い服装」に女性の意識が変化している現象の一つだと考えることも出来る。
女性の自己主張としては大変立派なのだが、このような服装のトレンドが主流になるとすると、妻・女性にとっ て都合の悪い現象も生まれてくると思われる。服装の男性化、否失礼、「気持のいい服装」が男性・夫の視覚的 刺激を減少させ、生活の中での性的刺激減少が性欲の減退に結びつき、軽度のセックスレス現象を助長する可能 性は大いにあるだろう。

反面、逆に日々刺激して止まない面白いファッション現象が、女子高生のミニスカートである。これは今度は 2,30代女性のパンツファッションをあざ笑うかの如き状況なのである。
ナマ足とナマ腿、サービス満開状態 なのである。最近では、女子制服にパンツ(ズボン)の導入を企むジェンダーフリー論者もいるらしいが、当の 生徒からの評判は芳しくないようでヤレヤレである。
女子中高生のミニナマ足ファッションが性的刺激を同級生の男子や世の男どもに与えることは事実である。ある 意味で町中での男性に対する性的視覚刺激を、一身に引き受けている、貴重な存在だともいえる。
勿論ここで云 う男性への刺激は、極めて緩やかなもので、特に性犯罪に直接結びつくような、過激なものではない。中にはそ の程度の刺激で異常な行動に走る男たちもいるだろうが、それは単なる犯罪者である。
彼女等が無邪気に太腿まで見せて、町を歩き平気でいられるのは、性的経験がほとんど無いか、性的快感をまだ 知らないからだとも云える。ある意味で男女の性差などの知識が無いことから生まれる、無分別な選択なのかも しれない。つまりは、まだ本格的に色気付いていない証拠だともいえる。

しかし、善悪は別にして、彼女等のファッションが彼女等の肉体が成熟していると勘違いさせるに充分な視覚的 刺激になっているため、大人の男どもにセックスの対象として意識付けている可能性もあるだろう。
教師連中の 性犯罪にもそれなりの影響を与えていると想像できる。勿論、そのことで犯罪を犯した者の免罪符などにはなり えないのは当然である。このコラムにおける視点からの推論に過ぎない。
少し前の米国人気番組「SEX and the CITY」がSEXとSEXYのファッショントレンドとして注目されたが、今風に生きるニューヨカーの女性のファッションはほとんどがスカートスタイルで パンツルックは僅かに見られるだけだった記憶がある。

つまり、生き方で男女の性差を無くそうという考えと、敵であり味方でもある男の本能(性の性差)を逆手にと る、見事に逞しく賢明な女性像が描かれていた。
卑屈になることなく、武器は武器、生き方は生き方の使い分け の成熟が求められているのだろう。
教条的ジェンダーフリー論者の考えを推し進めると、老若男女全員が国民服着用なんて世界が出現する。これは もうファッションではなくファッショの世界なのだ。
まあ、そんなことはどうでもいいが、男女共通に服装が双 方の性中枢に刺激を与えている事実を無視してはマズイだろう。
最近の相談で、子育て中に夫がセックスを求めないのは何故?から書き出したコラムだが、恋愛、結婚、出産、 子育て、このへんから夫婦のSEXに乱れが生じる。
このことは妻のファッションに全ての責任があるわけでは ないが、一因になっている可能性は大いにある。
だから言ってるでしょう!、「夫がもっと子育てを!」という問題ではないのです。ほのかな色気も否定する 人々は別ですが、男女の性差のメカニズム知識を学び、臨機応変に利用する強かな女性であり妻であり母であ る、そんな貴女への応援コラムでした

link

2022年8月10日まで

¥18,000〜
詳しくは ▶

link link
新宿御苑前院
過去12年間で2,800人以上のお客様に自信勇気を与えてきました
新橋院
着々準備中
モバイル表示に戻る