ペニス増大・亀頭増大・手術ではない長茎術・早漏・勃起不全・中折れ・男性機能改善・回復

プライバシーポリシー

|完全予約制・年中無休・24時間対応 03-3355-5444

03-3355-5444 予約状況確認web予約メールで相談

夫婦とセックスを追加致しました。

夫婦とセックス

「結婚している10代から40代の日本人男女の約3割が、最近1か月以上性交渉がなく、セックスレス傾向にあることが、厚生労働科学研究班などの調査でわかった。
・・・海外の 大手コンドームメーカーの調査でも明らかで、2004年の結果によると、世界平均は年間103回なのに対し、日本は 46回と半分以下だった。
日本家族計画協会の北村邦夫常務理事は「行政になじみにくいテーマかもしれないが、少子化 対策としてセックスレスの問題にもっと真剣に取り組むべきではないか」と話している」

上記はごく最近の読売新聞の記事の抜粋だが、この問題に関連して毎日新聞とMSNのネットアンケートでは「半年くら いセックスしないのがセックスレスじゃないの」という結果が出ていた。
このような記事を読みながら、夫婦のセック スって何なのだろうかなどと考えているうちに、夫婦のセックスへの様々な疑問が湧きあがってきたので、ついペンを執 る気分になった。

セックスレス云々はある意味どうでもいいことで、日本人の夫婦が年間46回もセックスに励んでいる事実(ほぼ週一 回))に、安心を覚えるくらいで、少子化にまで影響すると考えるのは大袈裟というものだろう。
そもそも世界の平均 103回の調査結果が疑わしい。40台の夫婦が3日に一回セックスをするアンビリーバブルな話で、文明国ではありえ ないと判断すべきなのだろう。
離れ小島に流され、仕事もなくストレスも無く、でも飢えることのない生活環境、テレビ もパソコンもゲームも映画もない世界のことなら、まあ、あり得るかな程度の呆れたデーターに過ぎないのである。
このコラムのテーマはこれらの統計の数字に拘るものではないので、セックスの回数はこのくらいにして、話題を夫婦の セックスに絞り込んでみようと思う。
今回は変わった側面から夫婦のセックスを観察してみようと試みた。旨い事面白い結論が導き出せれば、へそ曲がりとし ては満足なのだが、出来具合はいかがなものだろう。

さて、その変わった側面の一つがピルの普及が想像以上に伸びない事である。次に、我が国の射精産業の充実ぶりという 事実。最後に我が国の情けない住環境の側面である。
このテーマを思いついたきっかけは、出会い系サイトで人妻と出会い、好き勝手をしている或る男を取材したことだっ た。
男は嘯く、「この世の亭主のセックスはほとんど射精が目的で、序に生殖も含まれるが、決して愛のコミニケーションを 意識していない」「つまりは、ほとんどの女房、ママさんはオーガズムなんて体得していないのですよ」
筆者としても沽券に関わる問題「女房もそれなりに感じているほうが多いでしょう」と反駁してみたが、にこりともせず に彼はそれを否定した。
「まあ、時にはそういうご亭主もいるでしょうが、そういう人妻はネット上で出会いなんか求めていませんから、存在し ないのと同じですよ。僕が出会った女性で、本当のオーガズムまで知っている人妻は皆無でした」 男との取材を終えた筆者は複雑な気持で家路についたのだが、男の話に納得していた。取材中の話にも整合性があり、特 に自慢話をしている風でもなかった。最後に避妊はどうするのか尋ねてみると、「接して洩らさずです」とあっさりと答 えた。

取材のネタを仕込んだのはいいのだが、筆者は世の女房族はほとんどオーガズムを得ていないと断言する男の論理を検証 していた。
1、そもそも男がセックスをする目的は女性のヴァギナの中で射精したいからだ。本能的にそういう身体に生れついてい るのだから、彼らが悪いとはいえないだろう。でなければ、風俗で揉んで貰い射精する為にお金を支払う訳がない
2、女性がクリトリスの表面的な快感を体得するのは、ごく自然な成り行きのようなものだが、初体験後にクリトリス愛 撫で快感を得るのは当然なのだが、そこから先、男女の性器結合で快感(真のオーガズム)を体得するまでには、多くの 道程が必要とされている。おそらく、500回(新婚で毎日セックスに励んでいるつもりでも2年は必要)近くペニスに よる挿出や圧迫があってはじめて体得の玄関に立つという、難儀なものであること。
3、その上、女性が初めて結合でのオーガズムを感じる為には、30分以上結合を続け、ヴァギナを刺激し続ける必要性 がある。
30分勃起を継続出来る男が少ない事(年齢的に30前後では射精欲に負け15分程度が多い)、前後合わせて 1時間以上セックスのために、ゆっくり時間の取れる住環境が整った夫婦が少ない現実。
4、その間に、幸か不幸か子供が出来る。妊娠出産はある意味で夫婦が男女である事を失念するリスクを持つ、極めて危 険な時期でもある。
理屈はより愛が深まるのだが、愛が深まり、子供も出来て強い絆は愛情に見事に発展するのだが、男 女としての性的関係となると、道徳論者のように都合良く事は進まない。適当なセックスになってしまうものなのだ
5、子供が出来るまでに結合によるオーガズムを体得している女性の場合、問題は少ないのだが、そこまで至らなかった 夫婦の場合、性的に疎遠になるのは不思議な事ではない。ある意味で、疎遠になる、義理マン義理チンが自然なのであ る。
6、さして忘れられない程の快感のないセックスよりも、睡眠の方が有難い気持になるのは、決して不自然とは思えな い。結局精液の溜まった夫の射精産業と変わらない性的関係が知らず知らずに構築されてしまう構図を日本の核家族は時 限爆弾のように抱えているのかもしれない。
7、子供の成長度に合わせて、このような状況を打破できる夫婦は希で、そのほとんどが夫の射精の満足と妻の適当な快 感という対立軸が構成される。
8、最近では30代の男性もリストラ騒動の煽りを食う形で仕事量は増大するし、徐々に年齢的疲労も蓄積され、あれほ ど好きだった射精も必要性を失っていく状況が現れる。
9、ところが、妻の方は子供が学校に通うようになり、自分の時間が生まれ、自分自身を見つめる余裕が、この頃から生 まれてくるのは皮肉な事態である。女性としての幸せってと非常に考える時期でもある。性的情報はネット上に氾濫し、 女性がメル友を求めるということは、入れ食い状態で男をゲットできることを意味するので、自分を女として扱う世間に 夢を抱くようになる。
ある程度の危険は承知で自分の女を確認したい誘惑を覚えるのに、それほどの時間は必要ないのだ
10、そのような状況で出会った男が嫌味がなく、嘘も少ない男性であることが判断できた時、好感度にもよるだろう が、私さえシッカリしていれば、束の間の恋をする自信はあると思うのが、40前後の妻たちの結論になるとしても、ひ どく真っ当に思えてくる
11、出会いの彼曰く、「35から45位の出産経験のある人妻こそが、それこそセックスを謳歌できる時期にさしかか かっている」と真剣な眼差しで語っていた。つまり、後一息で結合によるヴァギナや子宮によるオーガズムを体感できる 準備万端な身体を有しているという事のようだ。世の亭主族は結婚10~15年の自分の妻たちの身体が最高潮に達して いる事を見逃してしまっているのだが、「いわゆる宝の持ち腐れってことです」という考えと、「今更目覚められて、俺 は対応しきれない」という気持になるのかもしれない。結局ここに男女のすれ違いが生まれてしまうようだ
12、出会い系の彼も妻帯者なので、いわゆるW不倫の関係になるが、そもそも不倫自体が男女双方の性的欲望を心理的 に大きく刺激するので、普通にセックスをしても、妻たちは入念な愛撫に感動してくれるので、大変楽なのだそうだ。そ の上、優しく激しく責める彼のセックスは、妻たちにオーガズムを与えたいが為のセックスなのだから、絵にも描けない 快感の坩堝にのめり込んでも、何の不思議もないと言えるようだ こんな事を書きながら、フト居間に顔を出すと、妻がテレビを見ながら居眠りをしている。筆者は女房がパソコンも携帯 も嫌いな人種である事に、ホッと胸を撫で下ろし、もう少し優しくしようかなどと、女房の身体にタオルケットを掛けて やる。
筆者はそんな亭主族の一人として暗澹たる気持になるのだが、夫婦という単位でのセックスに日本の男達はどれほどの意 識を持っているのか、たしかに不安ではある。
心理的性刺激が同居することで次第に薄れ、妻を女性としては見られなく なってくる。妻の側からも同様の心理的状況が生まれる。生活を共にすることによって生まれる様々な出来事は、セック スに現を抜かしていられない現実を押し付けてくる。この夫婦間に生まれた男女間を乗越えた家族愛は非常に美しくも見 えるのだが、こと性的男女の関係では相当貧弱な現実があることも想像の範囲である。
賢い女房たちは、その性的欲求不満を韓流ブームに置換えたり、グルメで誤魔化したりしているのだろうか。身近な女性 たちの意見では、「そこまでの目くるめくオーガズムを知らないから、知らないものは強いのよ」ということらしい。つ まり、クリトリスで感じる程度の快感イコールオーガズムだと思っているから、セックスも程ほどで充分なのでしょうと うことらしい。
ピルの普及についても聞いてみると、「たいしたセックスでもないのに、毎日薬を飲むなんて面倒だし、まして何時ある かも分からないセックスのために馬鹿馬鹿しいでしょう」という答えが返ってきた。
なるほど、一日置きに目くるめく セックスが味わえるのならピルも必要ということなのか。そんな風に考えると、欧米でピルが50%強の普及ということ は、年間100回もあながち出鱈目なデータではないということなのだろうか。フ~ム、やはり日本の男のセックス意識 が向上しない限り、ピルも普及しないし、女房族の目くるめくオーガズムも言葉の世界で終わってしまうのかもしれな い。
筆者は別れ際に彼が言った「手抜き亭主のお蔭で、僕は奥様たちをお望みの世界に導けるわけですから、ご亭主に感謝し てますよ」という言葉が蘇った。

link

2022年9月10日まで

¥18,000〜
詳しくは ▶

link link
新宿御苑前院
過去12年間で2,800人以上のお客様に自信勇気を与えてきました
新橋院
着々準備中
モバイル表示に戻る