ペニス増大・亀頭増大・手術ではない長茎術・早漏・勃起不全・中折れ・男性機能改善・回復

プライバシーポリシー

|完全予約制・年中無休・24時間対応 03-3355-5444

03-3355-5444 予約状況確認web予約メールで相談

眼鏡とセックスを追加致しました。

眼鏡とセックス

セックスをする時、眼鏡ははずすべきかどうか、それは問題だ。
外してしまうと、強い近眼なら、彼女の歓ぶ表情を見ることは出来ないし、アソコの部分を盗み見るとか結合部を見るような楽しみもなくなる。

キスをする時に眼鏡は相当邪魔になるし、クンニでは眼鏡の存在は最悪である。
キス、愛撫の段階では眼鏡を外し、いざ合体の時点で眼鏡をかけ直すかどうかということになる。

しかし、挿入を前に突然眼鏡をかけるのも、助平心を見透かされる気がしないでもない。
女性は原則ベットに入る前に外す場合が多いようだが、女性の心理として、見ることへの拘りは、男性ほどではないだろうから、支障は少ない。

しかし、男は色々観察したい欲望が捨てきれない。そのためにコンタクトに替えたという、好き者も相当いるようだ。
たしかに、コンタクトがベターな選択のようだが、コンタクトが合わないという人も多い。
アンケートなどを見ると、メガネを掛けてセックスをすると外してセックスするの比率はほぼ半々、どちらにも軍配を挙げられない。

ひとつの方法として、前戯、本番、後戯の行動にメリハリをつける習慣を作ってしまうことも出来る。
区切ごとにグラスのワインを飲み干し、次の行為に突入って方法は悪くない。
その区切に眼鏡を掛ける仕草は自然である。

もうひとつの方法は、前戯の愛撫で、女性にオーガズムを与えることである。
一度オーガズムに達した女性は、その男性に非常に大らか になるので、途中で眼鏡を掛けて、助平な目になろうとも、何せ自分が助平なメスになっているので、軽蔑される不安はほとんどない。
まあ、相手の表情なんか見なくてもいい、兎に角射精出来ればという男性には眼鏡は無用の長物、好きにしてくれ

link

2022年9月10日まで

¥18,000〜
詳しくは ▶

link link
新宿御苑前院
過去12年間で2,800人以上のお客様に自信勇気を与えてきました
新橋院
着々準備中
モバイル表示に戻る