ペニス増大・亀頭増大・手術ではない長茎術・早漏・勃起不全・中折れ・男性機能改善・回復

プライバシーポリシー

|完全予約制・年中無休・24時間対応 03-3355-5444

03-3355-5444 予約状況確認web予約メールで相談

射精後のすれ違いを追加致しました。

射精後のすれ違い

最近ではセックス・マニュアルの効果だろうか、女性に充分前戯をする男性が増加、恭悦しごくに存ずるわけだが、後戯となるとマダマダと不満の声が上がるようだ。
射精するまで、あれほどまでに逞しくそして優しかった男が、射精した途端、赤の他人のような様子 を見せる変わりように、ショックや怒りを感じる女性が多いらしい。
確かに豹変振りには、当の男性自身呆れるものである。しかし、どうしようもない問題でもある。
これは進化の過程で人間の体に残された動物における生殖行動の名残といえる。
オスは射精後、出来るだけ早く無防備な状況から脱しようと”シャキッと”ならなければならない。
逆にメスは酸性に弱い精子を助けるため或いは膣内の精液が体外にこぼれるのを防ぐためにも、快感を感じつづけ愛液を出そうし、横たわっていたいものなのである。
つまり、本能の為せるワザだと言い訳が出来るのです。
問題なのは、”シャキッと”なるどころか、ヨレヨレの濡れ雑巾の如く、寝入ってしまうので話が複雑になる。
今時、射精後に敵が襲ってくることが無いことを知ってしまった男の身体は、動物的本能と人間の知恵の間を漂い、自己矛盾を起しているのです。
ここから先、女を納得させる方法はアナタの詭弁論に負うところです。
詭弁が駆使できない方は後戯に努力するか、潜在的にパートナーに不満を持たせて、そのままに任せるかです

link

2022年3月10日まで

¥18,000〜
詳しくは ▶

link link
新宿御苑前院
過去12年間で2,800人以上のお客様に自信勇気を与えてきました
新橋院
着々準備中
モバイル表示に戻る