ペニス増大・亀頭増大・手術ではない長茎術・早漏・勃起不全・中折れ・男性機能改善・回復

プライバシーポリシー

|完全予約制・年中無休・24時間対応 03-3355-5444

03-3355-5444 予約状況確認web予約メールで相談

睾丸はなぜ?外にを追加致しました。

睾丸はなぜ?外に

早い話が睾丸は温度調節をしないと、精子を旨く作れないってこと。
胎内にいるときには身体の中にあるのだが、成長とともに下降して陰嚢に収まる。体内の平熱は37度以上なので、精子製造の適温32度の環境を得るために、リスクを承知で股間に ぶらさがっているのです。
陰嚢にあるシワは回りの温度を察知して、シワを伸ばしたり縮めたりして、自在に睾丸の精子製造適温を保つという、ハイメカニズムな機能をもっているのです。
それにしても、精子の製造適温を32度じゃなく37度に進化させればよかったのにと思いますが、あとの祭り、せいぜい蹴られないように注意しましょう。

余談ですが、睾丸を蹴られる、握られる、叩かれるととてつもなく”痛苦しい”のは睾丸が本来は内臓器官でありながら、護衛もつけずに外に出ているためのようです。
睾丸には精子を作るための曲細精管・直精細管・ 精巣網がいっぱい詰まっているのですが、この部分に痛感神経が集中しているため、異常な痛みを感じることとなります。
また、睾丸の裏側には精子の保育所と云うべき副睾丸がありますが、ここは睾丸以上に異常な痛みを感じるところなのです。
特に睾丸を下から突き上げるような衝 撃を受けたとき、悶絶するのは、この副睾丸によってもたらされたものです。

余談の余談ですが、極端な寒さを感じた時などに「あれ、キンタマがない!」などと思った経験があると思いますが、あれは睾丸が陰嚢内から そけい部に移動しただけですから、病気ではありません。
暖かくなれば直ぐに元通りになります。あっそれから、左右の陰嚢に包まれた睾丸は 非対称に位置(どちらかが上で、もう一方が下)しており、歩行時に邪魔にならないよう配慮?されている

link

2022年8月10日まで

¥18,000〜
詳しくは ▶

link link
新宿御苑前院
過去12年間で2,800人以上のお客様に自信勇気を与えてきました
新橋院
着々準備中
モバイル表示に戻る