ペニス増大専門・亀頭増大・手術しない長茎術・早漏・勃起不全・中折れ・男性機能改善・回復

プライバシーポリシー

|完全予約制・年中無休・24時間対応 03-3355-5444

03-3355-5444 予約状況確認web予約メールで相談

3,40代のEDを追加致しました。

最近の調査によると、3,40代の男性の勃起不全いわゆるEDが急激に増加傾向にあるらしい。EDの定義は「勃起が起きない、あるいは勃起しても維持できずに満足なSEXが行えない」事を指す。国内で1000万人以上がEDの可能性があるといわれている。勿論この数字には加齢によるED患者も含まれるので3,40代の患者数は700万人程度と考えられる。原因の多くはストレスなどによる心因性のEDであり、その気があれば治療薬で概ね解決する。しかし、この勃起不全の治療薬はSEXする気があることが大前提であり、SEXにポジティブな気持ちが要求される。問題なのは「マスターベーションで勃起と射精、快感があるから好いじゃん」という男達の存在である。現在の勃起薬は「勝手に勃起」してくれる効果はないので、やる気がないことには勃起しないのである。
勃起した陰茎を持続させる効果が最も期待される薬なので、夜な夜なPCやDVD、ゲームに夢中になっていても勝手に勃起はしてくれないのである。つまり女房や恋人と愛を交わす意志が必要になる。少子化問題で取りざたされている晩婚化、非婚化という問題も重要だが、実は結婚して子供をもうける条件の揃った夫達にまで、このSEXをやる気になる意志が欠けているのが重大な悩みだと言えるのではないのだろうか。なぜ夫達は「あんなに気持ちがイイ」SEXをする気にならないのか?先ずは時代的背景として、自由な時間を愉しむ選択肢が異常に増えた事が挙げられる。貧乏人の唯一の愉しみというSEXの存在位置は相当下にランクしているのだろう。次に他人の体と共同で作業(SEX)をするというコミュニケーションの取り方が不得手、面倒という傾向があるのだろう。ついつい「ひとりエッチ」の方がラクチンという発想が生まれることも充分考えられる。まして、女房に満足にオーガズムを与えられない夫という烙印を捺されない為には、しなのが一番だという発想も成り立つ。昔のように、女房がヴァギナを夫に貸すという道具としての観念がなくなり、女性のオーガズムに必要なものがどのようなものなのか、相手の妻が知っていることが夫にとって重圧であり、失敗しそうな行動は慎むのが賢明という風潮も無視できない。
やる気がなくても勃起とその持続を約束する薬の開発も途上にあるが、今暫しの時間が要するであろう。現在の40代は定年を迎えるかもしれない。そこまで横着を決め込むのも悪くはないのだが、前向きな女房族は夫が提供しない女のオーガズムを求めて彷徨う可能性は多いにある。つまりは女房の浮気である。善悪の区別は別にして、夫にとって愉快な出来事ではない事態に直面することが考えられる。出会い系サイトの隆盛には、この女房層が数多く存在している事実を見ても、虞という段階を過ぎたと認識すべきだろう。困った事に、この出会い系で女房族を待ち受ける男族は「女に快感を与える」という行為に生甲斐を感じている連中が多いので厄介な事になる。女房とSEXするのは面倒、マスターベーションの方が余程気持ちイイ、このような夫族が太刀打ちできる種族でない事を考えると、今考えを改めておかないと「女房が他の男の下でのたうち回る」姿を想像して、頭を掻き毟る事態になってしまうのである。
結論という訳ではないが、嫉妬で無様な姿を晒す前に、先ず勃起治療薬を手に入れよう。そして下手であっても構わない、女房とのSEXシーンを出来るだけ多く設け、コミュニケーションのなかで勃起する癖をつけよう。数ヵ月後には女房とのSEXに条件反射のように勃起する陰茎に出会えるはずである。はじめは、奥様には失礼だが、女房のヴァギナでマスターベーションするくらいの気軽さで試みてもいいだろう。これは次のステップに進む為の必要悪と考えて欲しい。不思議なものだが、愛し合っている男女というもの、手順が間違っていても、性行為を何度もしているうちに、快感の道筋を見つけられるものである。SEXを難しく考えず、兎に角ヴァギナで射精するという行為を繰り返す内に先は見えてくるもの。ありがたい事に、勃起薬の多くは勃起の持続効果が顕著なので、早漏を相当のレベルで防止する事が出来るので、行為の時間が長くなり、様々なバリエーションに遭遇できるので奥様の快感開拓が偶然見つかる可能性が高い。そうして、二人だけのSEXマニュアルが完成、夫婦だけの快楽の秘密が共有できるのである。くれぐれも、AVなどで勉強する行為は愚と申し上げておこう。

link

2024年5月10日まで

¥18,000〜
詳しくは ▶

link link
新宿御苑前院
過去14年間で3,600人以上のお客様に自信勇気を与えてきました
新橋院
着々準備中
モバイル表示に戻る