ペニス増大専門・亀頭増大・手術しない長茎術・早漏・勃起不全・中折れ・男性機能改善・回復

プライバシーポリシー

|完全予約制・年中無休・24時間対応 03-3355-5444

03-3355-5444 予約状況確認web予約メールで相談

男性の更年期障害と治療を追加致しました。

男性では、20歳前後をピークに、テストステロンや副腎アンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンが少しずつ低下する。女性との共通点も多いが、男性特有 の症状として、性欲低下や勃起障害がある。欧米諸国では早くから男女ともに臨床を重ねてきたのに対し、日本では男性更年期障害が見過ごされてきた。
京都府立医科大(京都市上京区)では、2005年から男性更年期障害の研究や治療とともに、患者への啓発活動にも力を入れている。福井道明教授(内分泌代 謝内科学)は「男性ホルモンが低下すると、体脂肪が増加して筋肉量が減少する。その結果、肥満や糖尿病、高血圧、高脂血症といった代謝異常を引き起こす場 合もある。放置すると、血液はドロドロになり血管が障害を受け、動脈硬化を促進させてしまう」と説明する。
動脈硬化が進むと、心筋梗塞や脳梗塞などを発症するリスクが高まり、命の危険にも関わる。中高年男性に多いうつ病や自殺、過労死などの最初の引き金は更年期障害だった可能性も否定できないという。
福井教授は「年だから、とあきらめないでほしい。更年期障害を正しく理解すれば、さまざまな病気の予防につながる。症状を認識した方は、血液検査で男性ホ ルモンの数値を調べることも大切。老化防止につながるので、日常から男性ホルモンを増やす心がけも欠かせない」と語る。
その上で、男性ホ ルモンを増やすための具体的な方法として、▽食事(適切なカロリーをとる)▽運動(筋力トレーニング)▽刺激(感動する)▽良質な睡眠をとる▽笑い(スト レスをためない)▽目立つ▽自信を持つ▽人を愛する-を挙げる。また、適量(缶ビール500ミリリットル程度)のアルコール摂取は男性ホルモンを高めると の報告もある。肥満解消によっても男性ホルモンが上昇するという。
最近では、医学的な検査の結果、男性ホルモンが低い患者を対象に、日本でもホルモン補充療法が広く行われるようになってきた。DHEAサプリメント(デヒドロエピアンドロステロン)のほか、テストステロンの塗り薬や注射薬が 男性更年期障害の改善に有効とされる。ただし、専門医による診断と処方が必要であり、前立腺肥大や前立腺がんの患者は注意が欠かせないとされる。
福井教授は「男性を守る視点からも、今後、男女ともに、更年期障害について正しく理解し、早期かつ適切に対処していくべきだと思う。多くの人たちが健康で長生きできる社会にするための第一歩ですね」と語る。(京都新聞)

link

2024年8月10日まで

¥18,000〜
詳しくは ▶

link link
新宿御苑前院
過去14年間で3,600人以上のお客様に自信勇気を与えてきました
新橋院
着々準備中
モバイル表示に戻る