ペニス増大専門・亀頭増大・手術しない長茎術・早漏・勃起不全・中折れ・男性機能改善・回復

プライバシーポリシー

|完全予約制・年中無休・24時間対応 03-3355-5444

03-3355-5444 予約状況確認web予約メールで相談

ペニス増大·切らない長茎術で長茎術医学的に根拠を持つの原理と仕組み

〈ペニス増大の原理と仕組み〉について

海綿体組織を成長させることで「通常時のペニスのサイズアップ」が、そして海綿体にキープできる血液量が増えることで「勃起時のペニスのサイズアップ」が可能になります。 

男性の魅力はペニスの大きさには比例しない、とは言ってもどうしても他の男性よりも小さくては自信の無さに繋がってしまう事があります。出来ることなら「人並みレベルくらいには大きくなりたい」と思うのが男性の心情かと思います。まず大きくするためにはペニスとはどういったものなのかを理解しておかなければなりません。

男性器は海綿体というもので構成されており、その「海綿体に血液が流れることにより膨らんで大きくなる」と言った仕組みになっています。ですからその海綿体をいかに大きく膨らみやすくしてやり、血流をよくしてやることがペニス増大のキーポイントとなってきます。

勃起した状態でペニスの根元を強く締め付けるとペニスに送り込まれた血液がペニスに閉じ込められパンパン状態になりますよね。もしも海綿体容量が今よりも大きくなったらどうでしょうか?当然、今のペニスより太く、長く、逞しくなりますよね。血液はペニス海綿体の容量に応じて送り込まれるので海綿体の容量が大きければ大きいほどペニスは大きくなります。

海綿体の容量が大きければ大きいほど大きなペニス持ち主ということになります。

適切な手段を用いることで年齢を問わず、誰でもペニスを増大することが可能だと言われています。 ペニス増大は「長時間の負荷による細胞の成長と増加の原理」に基づいています。 人体細胞には長期間にわたって負荷を加えられると細胞が成長、分裂する能力が備わっています。 この原理をペニスの細胞に応用すれば誰でもペニスの増大が可能です。

人類は古代からペニス増大を実践していた 人類は紀元前から「負荷による細胞の成長と増加の原理」を知っており、ペニスを含め、様々な人体パーツの改造を行ってきたことが歴史の資料に残っています。その伝統は現在でも受けつがれており、幼少から金の首輪を着用することで首を延長していくアジアの首長族、唇や耳たぶに巨大なピアスをはめるアフリカの部族などが有名です。 現代医学も効果を保証している 現代の医学では「負荷による細胞の成長と増加の原理」を矯正治療に応用しています。例えば事故や骨折などで縮んでしまった骨や細胞組織を元の長さに戻すために、患部を数ヶ月間牽引して矯正する治療は、世界中の病院で行われているのです。 ここまでの説明でペニス増大の原理と安全性を理解していただけたと思います。 続いては、具体的にペニスのどの部分が成長することでペニス増大が達成されるのかを解説します。

ペニス増大トレーニングの実践によって細胞の成長と増加が起きるのは主に次の2箇所です。

1:陰茎海綿体 ペニス増大を実践すると「陰茎海綿体」の細胞が成長、増加します。 陰茎海綿体は勃起時に血液が留められる箇所ですから、ここの細胞サイズが大きくなり細胞数が増えることで、以前より多くの血液をペニスに留めておくことが可能になり、勃起時のペニスサイズを増大につながるのです。

2:白膜 ペニス増大を実践すると「白膜」の細胞が成長、増加します。 白膜とは陰茎海綿体を包んでいる厚さ約1ミリの丈夫な膜です。白膜にはゴムバンドのような伸縮性があり、勃起サイズの決定に重要な役割を果たしています。なぜなら勃起時の陰茎細胞がどれだけ血液を貯めこんで膨張できるかは白膜の膨張限界に左右されるからです。ペニス増大の実践によって白膜の細胞を成長、増加して、その伸縮性を高めることでより多くの血液を陰茎海綿体にホールドしておくことが可能となり、その結果として勃起時のペニスサイズを増大させることが可能になるのです。

ここまでの説明で、ペニス増大の原理と仕組みの概要を理解していただけたと思います。

link

2024年8月10日まで

¥18,000〜
詳しくは ▶

link link
新宿御苑前院
過去14年間で3,600人以上のお客様に自信勇気を与えてきました
新橋院
着々準備中
モバイル表示に戻る