精子の生命力

いくらベロネロに酔っていても、君の精子が酔うことはない。
何をしたか も憶えていない。

まして勃起・挿入・射精など、全く身に覚えはないなどと弁解しても、あとの祭り。
君の精子は正体不明の”独 活の大木”から吐出されたにも関わらず、会社のお局さまを妊娠させてしまったのです。
「ウソだ!」と叫んでも、最近では DNAまで持ち出され、君は責任をとる嵌めになるわけである。

確かに、正体不明に酔った男のペニスは無様なものである。どう考えても、射精なんかしそうもないし、精子だって酔ってフラフ ラな感じがするが、残念ながら精子だけは、われ関せずで、自分の仕事を黙々とこなしているのである。
たった60ミクロン程度 のおたまじゃくしの集団(精液は2~5cc、精子数2~5億)に、人生を狂わせられたということである。
そもそも、精子というシロモノは人間の身体の中で最も生命力のあるもので、射精後の膣内で1週間近くは平気で生きているもの なのである。
その結果、安全日だったのになどと、オギノ先生を恨む男女が後を絶たないのだそうだ。(確率は低いが)凄い話だが、死後あらゆる細胞が死に絶える中、80時間も生きつづける精子には感服というほかない。
一般的にも精嚢内では 6ヶ月近く生きているのもいて、侮れない生命体なのである。
酸性や熱には弱い精子も、環境さえ整えば、その生命力は人体以上 と云うことができる。

老化と精子の関係においても、精巣が正常に機能している限り、80歳の精子も外見のヨボヨボ度に比べ充分受精能力を有しているのだ。
男性ホルモンの関係で、勃起力や精液の量は減少するが、精子としての目的達成能力に変わりはない。
たとえ話ではないが、男はやはり、トリガーが敏感な実弾装着のピストルを常に股間に携えているということになるのだ。
引き金 には注意しようぜ。

余談だが、最近入手した話によると、受精時の億単位の精子のコンペテーションは、もしかすると間違いかもしれないという説が出ている。
いかにも先陣争いをしているかに見える精子の群れは、実は強靭な膜の要塞を持つ、一個の卵子を 共同で破壊している 連合軍なのではないかといわれている

アクセス案内
新宿院 東京都
新橋院 オープン準備中