• ホーム>
  • 性器サイズは遺伝するか

性器サイズは遺伝するか

よく聞く話ですが、彼女の母親を見れば彼女の行く末が分かると云われますが、不思議にホボ当たりです。
特に50歳を過ぎた辺りから、気持が悪いくらい似てくるものです。繕っていた部分が剥がれ落ちると、遺伝子のまんまの人間が姿を現すというところでしょう。
さて、オヤジのペニスが大きければ、概ねその息子のペニスも大きいものです。形状も同じように遺伝していることが多いようです。早漏とか云う問題は心因性の影響が強いので、遺伝との関わりはないと考えるべきですが、性格の部分の遺伝が、結果的に影響することは考えられます。
女性の場合はもう少し複雑でしょう。外性器の形状は非常に似ていることが多いようです。姉妹の性器の形状が似ているということから考えても、当然母親も同様の形状だと考えられます。膣の広さ狭さ、長短も相当に遺伝的だと考えて差し支えないでしょう。気になる名器かどうかという問題ですが、物理的に膣の奥行きがあり、狭いということは遺伝するでしょうが、膣がそのようになっているから名器だという考えは短絡的といえます。
その女性のSEX経験度や出産経験や性への考え方で女性の男性に与える性器の印象は、大きく変容するものですので、遺伝が大きな意味を持たないともいえます。ですから、娘を知るために、その母親と先ず寝てみるなどという、不謹慎な気持ちを持たないよう、くれぐれもご注意ください。

アクセス案内
新宿院 東京都
新橋院 オープン準備中