• ホーム>
  • 40~60代女性調査 48%が「私はセックスレス」と認めた

40~60代女性調査 48%が「私はセックスレス」と認めた

子育て、更年期、夫との微妙な距離…。R40からの女性にとってのセックスは、障害だ らけだ。そこで、女性セブンでは40~60代の女性100人に、自身のセックスライフについてアンケートを行った。
その結果、最後にセックスをしたのは「5~10年前」という答えが最多で20%。次いで多かったのは、「1~5年未満」と 「10年以上前」が同じく17%。次いで「1週間~1か月未満」が16%と続く。
レスの人とそうでない人が歴然と分かれる結 果に。
「自分のいまの状態をセックスレスだと思う」と答えた女性は48%で、「思わない」女性は52%。セックスレスになった原因 で最も多かったのは「特に理由はなし」だった。
夫やパートナーとのセックスに「満足している」と答えた人は46%で、「していない」54%が若干上回る結果に。性の二極 化が進んでいる結果がここにも!?

『がんばらないセックス~週1愛され続ける女の秘密~』(マガジンハウス)の著者で、女性誌等でも活躍するロマンスライター のピンク先生はこう語る。

「どういう人が、結婚数十年経っても週1セックスを続けている“フル女”かというと、ひと言で言ってエロくない女性。ぽっ ちゃり体形だったり、化粧っ気がなかったり、家事が苦手だったり…、愛されることに驚くほど頑張らない(笑い)。
セックスは 自然な行為で、気張るものではなく生活の一部。だから、5分で終了のインスタントセックスや、自分がイかないことがあって も、気にしない。

一方“レス女”は、“セックスは愛の証”という思い込みが強く、頑張りすぎて空回りしてしまうことが多いのかも。セックス 以外の部分で夫への愛や信頼を育めたとき、レスが解消された人もいます」
※女性セブン2012年9月20日号

アクセス案内
新宿院 東京都
新橋院 オープン準備中