性機能不全

性機能不全とは、性的欲求の障害と、性反応曲線(欲求-興奮-オルガズム)を特徴づ ける心理生理的変化の障害であり、
それによって著しい苦痛と対人関係の困難を生じている。
性機能不全には、性的欲求の障害(性的欲求低下障害、性嫌悪障害)、性的興奮の障害(女性の性的興奮の障害、男性の勃起障害)、オルガズム障害(女性オルガズム障害、男性オルガズム障害、早漏)、性交疼痛障害(性交疼痛症、膣けいれん)、一般身体疾患による性機能不全、物質誘発性性機能不全、および特定不能の性機能不全が含まれる。

性反応曲線とは

セックスを考えてみましょう。
健康的なセックスとは、まず性欲があり、次に興奮し、オルガズムを迎えて終了します。
このように、性反応曲線では、各相(性欲、興奮、オルガズム)ごとに分けて考えます。

1.性欲(欲求)

性的活動についての空想および性的活動をしたいという欲求からなっている。
性的欲求の障害/性的欲求低下障害/性嫌悪障害

2.興奮

性的快感の主観的感覚とそれに伴う生理的変化よりなっている。
男性の主要な変化は、ペニスの膨張と勃起。
女性の主要な変化は、骨盤血管のうっ血、膣の潤滑と拡張、外性器の膨張から成り立つ。
性的興奮の障害/女性の性的興奮の障害/男性の勃起障害

3.オルガズム

性的快感の絶頂から成り立ち、性的緊張の開放、会陰筋と生殖器官の規則的な収縮を伴う。
男性の場合、射精不回避であるという感覚となり射精する。
女性の場合、(必ずしもこのように主観的に体験するわけではないが)膣壁の外3分の1がけいれんをする。
男女共に肛門括約筋が律動的に収縮する。
オルガズム障害/女性オルガズム障害/男性オルガズム障害/早漏

4.解消

筋肉の弛緩と全般的な満足感。
男性は、ある時間は生理学的にまた、勃起したりオルガズムを感じたりしない。
女性は、さらなる刺激にほとんどすぐに反応できることがある。

5.その他

性交疼痛障害/性交疼痛症/膣けいれん

性機能不全の性反応の障害は、これら各相1つまたはそれ以上で起こってきます。

性機能不全のさらなる分類

1.生来性か獲得性か

生来型 性機能不全が、性機能発現以来存在しつづけている。
獲得型 性機能不全が、正常に機能した期間の後にはじめて発現した。

2.全般性か状況性か

全般性 性機能不全が、ある特定の刺激、状況、または伴侶に限られていない。
状況性 性機能不全が、ある特定の刺激、状況、または伴侶に限られている。

3.心因性か複合性か

心因性 心理的要因が、性機能不全の発症、重症度、悪化、または維持に主要な役割を果している。
複合性 心理的要因が、性機能不全の発症、重症度、悪化、又は維持に主要な役割を果していると判断され、一般の身体疾患または物質の使用もまた関与しているが、性機能不全を説明するのに十分でないと判断される場合。

アクセス案内
新宿院 東京都
新橋院 オープン準備中