• ホーム>
  • やっぱり女性はお硬いのがお好き?≪3≫

やっぱり女性はお硬いのがお好き?≪3≫

規則正しい生活態度がEDの最大の予防策
「よりよい性生活とは自分だけでなく、パートナーのコミュニケーションや関係も含めて考えるか」という問いには、93.7%が「はい」と回答しました。性生活において、パートナーとの良好な性的関係を保つ大きな要因が「勃起の持続と陰茎の硬さ」であることは、調査結果からも明らかです。
では、勃起の持続や陰茎の硬さを損ねるEDを予防するにはどうすればよいのでしょうか。日本性機能学会の『ED診療ガイドライン2012』はEDを招く恐れのある「リスクファクター」として「加齢」「喫煙」「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」「肥満と運動不足」「うつ症状」「下部尿路症状/前立腺肥大」「慢性腎臓病」「睡眠時無呼吸症候群」「神経疾患」「不妊症」「薬剤」の13項目を挙げています。
加齢や神経疾患、不妊症などを除けば、ほとんどが生活習慣病といわれる病気やその合併症であることが分かります。
生活習慣病の多くは体内の一酸化窒素が減少し、動脈が硬化することによって起こります。ですから、血管を健康に保つことはED予防につながります。
その意味で「規則正しい生活」や「バランスのよい食生活」「適度な運動や休養」などはいずれもEDの予防に役立つはずです。
EDは生活習慣病を引き金にして起こる病気ですが、実はEDそのものも生活習慣病の一種です。
EDは陰茎周りの血管に起こる動脈硬化現象ですから、脳梗塞や心筋梗塞への注意を促す役目を果たしているともいえます。
つまり、EDの予防はより重い血管障害の発症を未然に防ぐことでもあるのです。

アクセス案内
新宿院 東京都
新橋院 オープン準備中