• ホーム>
  • やっぱり女性はお硬いのがお好き?

やっぱり女性はお硬いのがお好き?

マリリン・モンローが主演した往年のコメディ映画『お熱いのがお好き』になぞらえれば、世の中の女性は「お硬いのがお好き」なのかもしれません。

東邦大学医学部泌尿器科学講座の調査(2007年)によると、女性が「よりよい性生活のために求める男性の機能」で「勃起の持続」と「陰茎の硬さ」が上位2項目を占めました。

勃起の持続には硬さが必要ですから、両者を合わせると、陰茎の大きさや太さ、長さなどよりも硬さが重視されていることがわかります。

その一方で、わが国にはED(勃起不全)患者が1130万人以上いると推計されています。しかし、EDは男性だけが抱える問題ではありません。

硬さを損ねるEDのせいで満足な性生活ができないと、パートナーと一緒に育む性的なQOL(生活の質)を低下させるからです。

勃起の持続と硬さの理想は男女共通

よりよい性生活を営むためには「勃起の持続と陰茎の硬さ」が大きな決め手に

よりよい性生活を営むためには「勃起の持続と陰茎の硬さ」が大きな決め手に

この調査は性的な男性パートナーをもつ首都圏に住む20歳以上の女性5665人を対象としており、女性が望む性生活を知る手がかりとして定評があります。

その中で「男性パートナーに求める機能的側面」(複数回答)を尋ねた質問では、

「勃起がより持続する」=48.5%
「陰茎がより硬くなる」=17.3%
「陰茎がより大きくなる」=10.3%
「陰茎がより早く勃つ」=9.1%
「陰茎がより太くなる」=7.6%
「陰茎がより長くなる」=7.3%
という順番でした。

硬さが関係する上位2回答を足すと65.8%となり、過半数の女性が「硬さ」に関心を寄せていることが分かります。

アクセス案内
新宿院 東京都
新橋院 オープン準備中