• ホーム>
  • 熟女との性交時に最適の体位「スプーン」を女医が丁寧に解説

熟女との性交時に最適の体位「スプーン」を女医が丁寧に解説

熟女との性交時に最適の体位「スプーン」を女医が丁寧に解説

 高齢になっても、いや、高齢になったからこそより充実した性生活を送りたいもの。しかし、そこはやはり年齢相応の“体位”というものは存在する。

著書『女医が教える本当に気持ちいいセックス』が40万部を売り上げている産婦人科医の宋美玄先生が、熟女との性交時に推奨する体位について説明する。

 * * *  熟女とのセックスに最適なのは、うつ伏せバックと、スプーンという体位です。うつ伏せバックは、その名の通りうつ伏せ状態で男性が覆い被さるように挿入します。

激しいピストン運動ができない代わりに、ゆっくりと長く挿入状態を楽しめます。女性にとっては、クリトリスがベッドにすれることで快感を得られる利点があります。

「スプーン」という体位は耳慣れないかもしれませんが、熟女には非常に有効です。

別名を側臥位といいます。涅槃像のように横たわった女性の後ろから、片足を持ち上げるようにして挿入します。

無理のない体勢で、膣入口から3~4cmのポイントにあるGスポットを刺激することができる上、男性の片手が自由になるので同時にクリトリスや乳首を愛撫することができます。

 また熟年女性相手なら騎乗位は避けたほうが無難です。男女どちらにも腰への負担が大きい割に、Gスポットを的確に刺激することができません。

どうしても騎乗位を楽しみたいのなら、男性が上半身を起こす「抱きつき騎乗位(対面座位)」でゆったりしたピストン運動を行なうのがベストです。

※週刊ポスト2012年9月14日号

アクセス案内
新宿院 東京都
新橋院 オープン準備中