• ホーム>
  • 美人女医の新体位 長時間楽しみたい2人は「SOTC」を

美人女医の新体位 長時間楽しみたい2人は「SOTC」を

カリスマ産婦人科医として名を馳せる宋美玄医師。著書『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』(ブックマン社)は、35万部の大ベストセラーとなった。彼女が考案する、豊富な知識と理論に裏付けられた「新しき体位」とはどのようなものなのか―。

* * * 最後の「新しき体位」は、座位の一種です。体位の基本形4種類の中で一番なじみが薄い体位でしょう。

座位はどのようなポジションをとっても、男性にとってはピストン運動がしにくいため、男女とも絶頂には達しづらい体位です。

特に、男性を椅子に見立てて女性が座る「背面座位」は、男女とも腰を動かしにくい上にペニスの先が膣のお尻側(Gスポットの逆側)にしか当たらないため、男女ともにまったく気持ちがいいものではありません。

座位はあくまで「小休止」の役割が強い体位ですが、その中で特に勧めたいのが椅子を使った「SOTC」(Sex On The Chair)です。

男性が椅子やベッド、ソファの上に座り、その上に女性が脚を開いて挿入します。

椅子の背もたれに男性が体を預ければ、挿入角度に微妙な変化がつけられます。

挿入しつつクリトリスを触ってあげたり、ちょうど男性の顔の前あたりに来る女性の乳首を口で愛撫しながら腰を小刻みに揺らすのもよいでしょう。

長い時間セックスを楽しみたいカップルには役立つ体位になること間違いなしです。

※週刊ポスト2011年3月25日号

アクセス案内
新宿院 東京都
新橋院 オープン準備中